任意売却のお手伝い

私たちは任意売却のお手伝いをしている業者です!

私たちが毎日お客様のお手伝いしている中で、気づいたことをスタッフ全員で書き込んでいます。
任意売却をご検討の方々に参考になる記事が書ければと思います♪

任意売却をするということは人生でも非常に重要なタイミングです。
この任意売却がスムーズに行われるかどうかによって、その後の人生に大きく影響を与えるような大切な時期です。
任意売却の業者選びには、妥協せずに納得できる提案をしてくれる業者であることはもちろんですが、業者の人柄を重視するようにしたいものです。
有能で誠実な業者を見つけてください。

任意売却業者の選び方

期限の利益を喪失するということは・・・


不動産を購入したあと金融機関と組んだ
住宅ローンの返済を長い期間にわたり滞らせると
金融機関との契約違反にあたり
「期限の利益の喪失」という事態になります。

「期限の利益」とは
期限の到来まで債務履行をしなくてもよいという権利で
これは債務者側の利益の部分になります。

しかし、債務者が破産や差押といった状況になると
金融機関いわゆる債権者にとって融資した金額が
戻ってこないという危険が生じるかもしれません。

それを未然に防ぐため債権者は
債務者に「期限の利益の喪失」を実行して
融資全額の一括返済の請求を通知できるものです。

つまり、滞納分だけ払えばよいとするものではなく
残りのローン全額を払わなければならない
債務者にとって大変過酷な通知になります。

債権者である金融機関は債務者に
分割払いを受け付けない旨と
不可能なら融資時に設定した抵当権付き不動産を処分して
ローンの一部に当てるよう主張します。

これは「期限の利益の喪失」民法137条により
債権者を守るための条約となっています。

この「期限の利益の喪失」である通知が届いた際は
任意売却を考えることが望ましいです。

法律や金融機関の状況は変化もあり複雑ですから
信用できる専門家に相談することが勧められています。
そして何より解決するのは自分であることを
強く意識しなくてはいけないものです。