任意売却のお手伝い

任意売却をするメリットとは


自己破産をする場合、競売で任意売却でも
どちらにしても自宅を失うには変わりがないからと
煩わしさのない競売を選択しがちですが
はたして任意売却を選ぶ意味はないのでしょうか。

自己破産をふまえて任意売却すると
原則的にいくつかのメリットがあります。

自己破産では破産者が財産を持っている場合は
管財事件としてあつかわれ
無一文の場合は同時廃止としてあつかわれます。

この2種の違いは手続きにかかる時間と
費用となっています。

管財事件では自己破産を申し立てして
その決定が下されるまで最低1年はかかります。
そこに掛かる費用は予納金として最低50万円に加え
弁護士といった代理人への費用も別に掛かります。

同時廃止では申し立てをして約3ヶ月で手続きが済み
約6ヶ月で免債が決定されます。
そこにかかる費用は約3万円です。

自宅を売却することで財産を0して自己破産することが
望まれるのはこの所以です。

もっとも、専門家への相談によっては自宅を手放さずに
自己破産をしたほうが良い場合もあります。

任意売却では原則立ち退き費用がもらえ
買主との面談により引越しの時期が希望できます。

売却手数料は売却代金に含まれるため
別途に用意する必要はありません。

また、任意売却は通常の売却体制のため
はたからみたら一般的な引越しにしか映らないのです。

金銭的な苦痛に加え
周囲から好奇心の目がそそがれるのは
大変つらいものです。

任意売却は金銭的にも精神的にも
その負担の軽減してくれると思うのです。



任意売却のお手伝いメニュー