任意売却のお手伝い

民事再生について

住宅ローンの返済をするために、やむを得ずカードローンなどに手を出してしまう人は少なくありません。

そして、そういう方が住宅ローンの支払いだけでなくこちらの借金も返済しきれなくなり、にっちもさっちも行かなくなってしまうケースが多いのです。

民事再生(個人向け)は、こうした場合に頼りになる解決方法です。

細かくは小規模の自営業者向けとサラリーマン向けに分けられるのですが、いずれも「住宅ローンを除く

借金の合計額が5000万円以下」の場合に利用できます。カードローンなどの借金の返済が滞れば、

最悪給与口座の差し押さえなどが行われるのですが、地方裁判所に民事再生の申し立てを行えば、それらの措置は解除されます。

その上で債務者は再生計画を立て、改めて返済をしていくことになるのです。

「最低弁済基準」

民事再生には「最低弁済基準」というものがあり、債務が100万円以下の場合は全額となりますが、

100万円〜500万円の場合には100万円、500万円から1500万円の場合は1/5、1500万円〜3000万円の場合は300万円、

3000万円〜5000万円の場合は1/10です。原則的に、3年の間にこの最低弁済基準として定められた額を支払えばよく、

債務額が多ければ大幅に借金を圧縮することが可能になるのです。先に説明したように、

民事再生は原則的には住宅ローンを除く借金が対象ですが、住宅ローン以外の担保権が設定されていないなどの条件を満たせば、

住宅ローンに対しても適用可能です。