任意売却のお手伝い

過払い金のデメリット

過払い金は、利息制限法(15〜20%)以上の金利で借り入れした場合に生じます。
ですから、元金と利息制限法以下の利息は支払う義務がありますが、その合計金額を超えたお金に関しては返済する必要がないということです。
もしも、そのようなお金を支払ってしまったならば、それは過払い金とみなされます。
その過払い金については、返還請求を求めることが可能です。

では、過払い金の返還請求をするにあたって、デメリットはないのでしょうか。

支払う必要のないお金を返してもらうことに正当な権利ですから、基本的には問題はありません。

場合によっては、現在も返済中だった人がこれ以上返済する必要がなくなるケースも出てきます。

ただし、デメリットがまったくないとは断言できない部分が残っています。

まずは、借金を完済した人の場合です。

完済した後、過払い金の返還請求をしたならば、信用情報に影響はないとされています。

当たり前のことではあるのですが、信用情報機関は各種金融業者が集まって設立された機関です。

法律に基づいて設立したわけではありませんので、「返還請求を起こした」と記載されないとは言い切れない部分があります。

返還請求を求めた場合

次に、返済中の人が返還請求を求めた場合です。

危惧されるのが、過払い金があったものの、返済すべき正当な残金と相殺しても借金が残る時です。

さらに過払い金がまったく発生しなかった時です。

これらに該当する時は、信用情報に記載されます。

その記載による新たに借入する際の影響はわかりません。

ですので、完済してから返還請求するのが無難かもしれませんが、払う必要のないお金のために金策に苦しむのも変な話です。

この場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが正しい選選択肢ではないでしょうか。