任意売却のお手伝い

良い業者を選ぶコツ 


任意売却は債務整理の一つの手段です。

債務者が所有している不動産を売却し、それで得たお金で債務を減らすことが目的です。

債務整理といえば弁護士や司法書士を思い浮かべますが、任意売却にいたっては不動産売買に絡む債務整理となりますので、専門的な知識と実務能力を持った任意売却専門業者への依頼が一般的で妥当といえます。

もちろん単なる不動産業者でも対応はできますが、不動産売買と形式上変わらないとはいえ、債務に関する全ての交渉事や調整などを全ての関係人と行なっていくことを考えますと、専門業者への依頼は安心度が違います。


しかし中には専門業者と謳いながらも、悪質な業者もいますので十分注意が必要です。

例えば任意売却対象不動産を不当に安く買い取って高く販売する、こういったケースは安く買い取られた分、債務者の債務整理や債権者への債権回収は少なくなってしまい、悪徳業者だけが得をします。

売却価格と信頼できる業者を選ぶ

任意売却において最も大事なのは売却価格です。

本来市場価格で売却される不動産が悪徳業者によって安く買い叩かれるの非常にもったいない話です。

ですから専門業者に依頼する前には、まず自分の不動産価格が市場で幾らになるのか調べておくことが重要です。

一般的な家屋であれば市場に流通している基準となる建物が豊富にありますので、概ね価格はわかります。

しかし特殊な建物、事業所や店舗、店舗件家屋などは少々難しいです。ただ周囲の地価を調べたり、同じ地域、同じ種類、同じ規模、同等の築年数の建物と比較すると分かる場合があります。

それでも判断つかない場合は、費用がかかりますが不動産鑑定士に依頼すると良いでしょう。

それと任意売却で行われる手続きや過程をある程度知っておくことも、専門業者選びに役立ちます。

任意売却が成功するためには債権者および関係する人々との交渉、調整、合意が不可欠ですが、債権者への配分比率をどう決めるのか、抵当権をめぐるトラブルをどのように回避するのか、競売の取り下げに間に合うか等、そういった点を事前に把握し、業者に質問をぶつけることで業者の方針や考えが見えてきます。

そこで納得の行く業者が見つかればそこに依頼するといいでしょう。
決して立派なホームページ、立派な文言に目を奪われてはなりません。自分なりに基準となる数字と知識を把握して専門業者選びに臨みましょう。