任意売却のお手伝い

任意売却で知っておくべきこと

競売と違い任意売却は世間に知られずに売却、債務整理ができることや、市場価格で売却できる可能性が高いので、競売に比べ残債務を低くすることができます。また債権者の債権回収額も競売に比べ高くなります。

こういったメリットがあるため、任意売却を選択するケースが多いです。

しかし任意売却では事前に準備するべきことが沢山あります。

またその作業の精度により任意売却が成功するか否かが影響してきます。従いまして債務者個人で行なうよりも任意売却専門業者などのような実務実績のある業者に依頼したほうが良いでしょう。

また個人で行なうと債権者側に不信感を持たれる恐れがありますので注意しましょう。

債権者にとって売却価格が幾らになるのか、またいつまでに幾ら回収できるのか、そういった点は最も重要であるため、それらの見通しが最初の段階で提示されていると交渉もスムーズに進みやすいです。ただそれを行なうためには不動産の現況調査や、各債権者との話し合い、各関係人との話し合い等、全てに対して行動していかなければならないので、代理人(任意売却専門業者等)と綿密な計画と打ち合わせが必要です。

任意売却がいつ終わるのかわからないような交渉をダラダラとやっていてはその間にも債務は膨らんでいきます。債権者側も悠長に待ってはいられません。

下手をすると競売の申し立てを起こされかねません。ですから予め売却期限を設定することが大切です。

もし期限までに売却できなければ、その時の対応を打ち合わせして準備しておくことです。

交渉の過程で売却価格にこだわったり、引越し代金の金額にこだわったり、リースバック(売却後も自宅で暮らしていく方法)に固執したりすると任意売却が不調に終わる場合があります。

そのような場合も競売に移行してしまいますので、条件の妥協は当然あるものと思ってください。