任意売却のお手伝い

任意売却と債務整理の違い


任意売却と債務整理では
一見視はどちらも似通った考えのうえにあります。

債務整理は借金を法律にそって整理するもので
任意整理、自己破産、個人再生に特定調停などが
債務整理に含まれています。

任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の
なかから選択して 債務の減額や免除
返済方法の取り決めをおこなうものです。

債務整理ではどの方法が最適なのかを
素人が判断するのはたいへん困難であるため
司法書士や弁護士への相談を要します。

任意売却では売却とあるように不動産にかかわる
債務の整理です。

住宅ローンの支払いに支障が起こると予測される状況や
住宅ローンの支払いが不能になった状況で
競売に掛かる前に自分が所有している不動産を
売却して生計を立て直す準備をするものです。

住宅ローンの借金のみならず
消費者金融やカードローンの借金があれば
それらを合算して無理のない返済へと導くものです。
借金のすべてを返済できることもあります。

債権者から催告書や督促状がきているなら
そのままほって置くと競売になります
競売の話になっている段階なら
任意売却に替えることはまだ間に合うといいます。

任意売却は債務整理も取り入れて
破産せずに諸費用を抑えることを可能にします。

任意売却業者を選ぶ際は任意売却に関する
知識と経験と理解がより多く求められます。

任意売却のお手伝いメニュー