任意売却のお手伝い

市街化調整区域の家の任意売却


市街化調整区域や接道のない敷地では
売却が不可能もしくは不利であるといえます。

任意売却も売却であるため
売却自体が厳しいものは任意売却でも
デミリットとなってしまいます。

市街化調整区域とは都市計画法で市街化を
抑制するように指定された区域です。

一般の人の住宅建設は認可されておらず
農林漁従事者の人の住宅といった定められた建物に
限られているものです。

接道義務というものが建設基準法第43条にありますが
建築物の敷地が道路に2m以上接していることを
義務付けたものです。

ただこの規定は都市計画と準都市計画に指定された
区域にのみ義務付けられたものですが
この法令では接道がとれなくても
許可申請が通れば建設ができるとされています。

この接道すなわち敷地が道路とつながっていることは
大変意味のあることです。

道路から自由に出入りができることで
災害に遭遇した際避難経路となり
緊急車両といった消防車や救急車の経路の確保ができるのです。

また建築基準法では接してる道路は
上空が開放空間であることが義務としてありますが
敷地一部分がその開放空間に接していることで
通風や排水といった衛生面を重視したものとされています。

建設基準法違反の物件は金融機関で
住宅ローンが組めないため
買い手は現金になります。

任意売却を思案している場合は
信頼のおける専門家に相談することが大切ですが
問題を解決するのは自分自身であることを
決して忘れてはいけないのです。

任意売却のお手伝いメニュー