任意売却のお手伝い

任意売却後の残債処理まで含めた処理を考えましょう


担保不足といわれるオーバーローンでは
金融機関である債権者が抵当権をはずさなければ
借金付きの物件になります。

借金付きでは当然買い手はいませんから
オーバーローン住宅を売却する場合は
債権者に抵当権を抹消してもらうようにはからいます。
その作業が任意売却になります。

このように住宅ローンの返済に行き詰まった人が
自宅の売却により住宅ローンの
軽減をめざす任意売却ですが
当面のローンの軽減のみならず
転居費用から仲介業者への手数料や
滞納している家賃に至るまでを
任意売却による売却費用も債権者に
負担を承諾してもらわなければなりません。

そのためには競売よりはるかに多い
債権が得られることを任意売却に求められるのです。

ただ売却できればよいのではなく
その前の売却するために抵当権の抹消と
その後の残債はより大きな問題とされています。

任意売却でのポイントは残債の返済額を可能な限りおさえて
いかに支障なく生活がおくれるかにあります。

任意売却を依頼する先の選択はとても重要です。
どれだけ法律に詳しいかや
どれだけ残債問題に力を尽くしてくれるかです。

現在、任意売却のあとの残債に苦しむ人が多いといいます。
売却そのものは難しいものではなく
対処がせまられるのはその後の残債にあると
専門家は言っています。


任意売却後のローン返済はどうなる?
http://hawaii-coffee.com/ninibaikyaku15.html

任意売却のお手伝いメニュー